机上査定(簡易査定)と訪問査定(出張査定)の差

不動産査定には机上査定(簡易査定)と訪問査定(出張査定)というふたつの方法があります。同じ不動産査定ではあるものの、やはりふたつの査定方法には違いがありますし、明確な差があります。その差をきちんと理解した上で、机上査定(簡易査定)と訪問査定(出張査定)を選択するようにしましょう。

 

机上査定(簡易査定)のメリット・デメリット

「簡易査定」とも呼ばれる机上査定のメリットですが、まずメリットとして挙げられるのが早さです。というのも、不動産一括査定サイトなどからの利用であれば、それこそ不動産の情報を入力するだけで簡単に不動産の査定額を知ることができるのです。メールや電話などでのやり取りが発生することもあるでしょうが、直接対面するわけでもないのでとても気楽に利用することができます。インターネット上からであればいつでもどこでもOKというところもメリットになってくるでしょう。

 

一方で、デメリットとしてはあくまでも簡易的な査定額しか知ることができないという部分が挙げられます。というのも、机上査定だと入力した情報をもとに過去の情報などを参照しながら査定額を算出することになりますので、実際に売却する際の金額と差が出やすくなるのです。あくまでも一般的な相場としての査定額になります。

 

訪問査定(出張査定)のメリット・デメリット

「出張査定」とも呼ばれる訪問査定なのですが、訪問査定のメリットとしてまず挙げられるのが査定額の正確さです。というのも、訪問査定や出張査定では実際に不動産を見て査定額を算出していくことになります。そのため、不動産を売却することになったとしても売却する際の金額と差が出にくいのです。

 

一方で、実際に不動産を見てもらうからこそ手間や時間もかかりますし、何よりも専門スタッフの方と対面することに抵抗が出てくる部分もあるでしょう。こういったデメリットを考えていくと、気軽にはお願いできない査定方法と言えるかもしれません。

 

まとめ
机上査定(簡易査定)と訪問査定(出張査定)というのは、その査定の方法が違うだけではありません。それぞれにメリットとデメリットがありますし、ちょうどそれぞれのメリットとデメリットが入れ替わるような形となっています。だからこそ、一概にどちらがいいと言い切ることはできません。大切なのはそのときに適した査定方法を選ぶということなのです。