イエウール机上査定とは?

イエウールには机上査定と訪問査定があります。訪問査定のほうはなんとなくわかるものの、机上査定となってくるとイメージができないという方も多いでしょう。ここでは改めて、イエウールの机上査定についてお話していきたいと思います。

 

基本的に入力した情報のみで査定額を算出するのがイエウールの机上査定

では、イエウールの机上査定というのは具体的にどのようなものなのでしょうか?机上査定というのは簡単に言ってしまうと、ユーザーが入力した情報のみで査定額を算出するスタイルの査定になります。

 

例えば、イエウールの机上査定を利用する際にはいくつかの入力項目があります。査定を希望しているユーザーの名前や連絡先などの個人情報はもちろん、査定してもらう不動産の情報も入力することになります。住所や築年数、間取りといった情報を入力し、その情報から不動産の査定をおこなっていきます。

 

不動産会社は入力された不動産情報と過去の不動産売却の傾向などを参照しながら査定額を決めていくことになります。もちろん、そのときの不動産の需要と供給のバランスなども査定額に反映されることになります。実際に不動産を見るわけではないものの、情報や過去の傾向などから「もし今売却するならこれくらいの価格」という形で算出するのです。

 

とりあえずの査定額を知りたい人や相場を知りたい人におすすめ

先でもお話しましたように、机上査定となってくると基本的にはユーザーが入力した情報から査定額を算出していくことになります。そのため、気軽に利用することができるのですが、その一方で実際に売却するとなったときに売却額と査定額で差が出る可能性も高くなってきます。

 

差が出る可能性が高いと考えると、とりあえずの査定額を知りたいという方や相場を知っておきたいという方におすすめできる査定方法と言えるかもしれません。実際に、そういった形でイエウールの机上査定を利用している方も少なくありません。

 

ただし、とりあえずの査定額を知りたいとか相場を知っておきたいといった理由での査定となってくると、不動産会社としてはあまり好ましいものではありません。特に、不動産会社は問い合わせがあった時点でイエウールに手数料を払うことになりますので、そのあたりもしっかりと考慮しておきたいところです。暇人の暇つぶしレベルでの不動産査定で手数料を払っていたのでは、不動産会社が報われません。