不動産一括査定サイトとは?その仕組みと個人情報について

不動産の売却を考えている方や不動産の査定を希望している方にとっては、不動産一括査定サイトというのはとても便利なサービスです。便利すぎるくらいの不動産一括査定サイトなのですが、その仕組みが気になっているという方も多いでしょう。ここでは、不動産一括査定サイトの仕組みと個人情報の取り扱いについてご紹介していきたいと思います。

 

不動産一括査定サイトの仕組み

まずは、不動産一括査定サイトの仕組みについてです。不動産一括査定サイトに必要な情報を入力して、送信するだけで複数の不動産会社からの見積もりをゲットできるようになっているのですが、基本的に不動産一括査定サイトというのは複数の不動産会社と提携しています。その中の不動産会社からユーザーの入力した不動産情報に適した不動産会社が選ばれるようになっています。これが不動産一括査定サイトの仕組みです。

 

もちろん、不動産一括査定サイトは提携する不動産会社をしっかりと吟味しています。不動産一括査定サイトは吟味した不動産会社を掲載し、その不動産会社から掲載料という形でお金をもらいます。不動産会社のほうは不動産一括査定サイトを通して、ユーザーを獲得することができます。ユーザーは吟味された不動産会社の中から自分に合った不動産会社を見つけられるということで、全員がWIN-WINの関係となるのです。

 

不動産一括査定サイトなら匿名でもできる

不動産一括査定サイトの仕組みと同じくらい気になってくるのが個人情報の取り扱いです。基本的にどこも個人情報の取り扱いには慎重になっていますし、そもそも不動産一括査定サイトというのは匿名でも利用ができるようになっています。

 

連絡先を入力する必要はありますが、その連絡先も優先度の低いメールアドレスなどに設定することもできるのです。不動産一括査定サイトであれば匿名性を保ったまま不動産の査定をお願いすることができますし、個人情報が流出したり悪用されたりする心配もないのです。

 

まとめ
不動産一括査定サイトは吟味した不動産会社と提携し、不動産情報を入力したユーザーに適した不動産会社からの見積もりを提供するというサービスです。不動産一括査定サイトはもちろん、不動産会社もユーザーも全員がメリットを得られるようになっています。匿名性を保ったままに査定をお願いすることもできますし、個人情報の取り扱いも安心です。