イエウール利用者数

初めてサービスを利用する場合、そのサービスの利用者数をチェックするという方も多いかと思います。実際に、どれくらいの人がすでに利用しているのかという部分は気になるところですよね。多ければ多いほど安心できるという部分もあるかと思います。では、イエウールの利用者数というのは実際のところどれくらいのものなのでしょうか?ここでは、イエウールの利用者数について触れていきたいと思います。

 

これまでの利用者は1000万人!月間でも1万人!

イエウールにおけるこれまでの利用者はなんと1000万人で、月間でも1万人というのですから本当に驚きです。総務省統計局によると令和元年10月1日時点での概算値で、日本の総人口は1億2614万人だそうです。日本の総人口から考えても、イエウールの利用者数1000万人というのはかなりの規模ですよね。

 

一般的にも不動産の査定というのは、お金も時間も手間もかかるものというイメージがあったかと思います。実際に、今でもお金も時間も手間もかけて不動産の査定をおこなっているという方はいるでしょう。ただ、イエウールはお金も時間も手間もかけずに不動産の査定をお願いできるという画期的なサービスなのです。

 

現代人はせっかちなところがあります。すぐに結果がほしいのです。だからこそ、お金も時間も手間もかけず簡単に結果だけを得られるイエウールというのは、まさに現代人のニーズを満たしているわけですね。それが利用者の多さや増加につながっているのでしょう。

 

利用者数が多いのにこれまでに大きな問題は起こっていない!

イエウールに限ったことではないのですが、利用者数が多ければ多いほど何かしらの問題も出てきそうなものです。しかしながら、幸いなことにイエウールでは利用者数が多いのにも関わらずこれまでに大きな問題は起こっていません。

 

もちろん、「思ったほどの金額じゃなかった!」「不動産会社がしつこかった!」といったことでご立腹の方もいるにはいるのですが、イエウールの提供しているサービス内容を考えれば許容範囲内というか、仕方のない部分でもあります。

 

不動産会社とのやり取りから裁判沙汰になったとかイエウールからユーザーの情報が流出しているとかそういった大きな問題は今のところ見当たりませんし、報告されていないようです。利用者数が多いのにも関わらずこれまでに大きな問題が起こっていないという点は、高く評価すべきポイントかもしれませんね。