不動産査定方法にはどんなものがあるの?

不動産査定という表現をいろいろなところでよく見聞きするようになりましたが、実際に不動産査定を考えているという方も多いのではないでしょうか?ただ、不動産査定の方法はひとつではありません。ここでは、不動産査定の方法として机上査定(簡易査定)と訪問査定(出張査定)についてお話していきたいと思います。

 

机上査定(簡易査定)

机上査定は「簡易査定」とも呼ばれるもので、その名前の通り、簡易的な不動産査定となります。不動産一括査定サイトなどを利用する際には査定をお願いしたい不動産の情報を入力することになるのですが、基本的に入力された情報のみで査定をするのが机上査定、簡易査定になります。

 

過去に同じような不動産にどれくらいの値がついているのかといった情報から、簡易的な査定額を算出してくれるのです。入力された情報をもとに、過去の情報なども参照しながら机上で済んでしまうからこそ、机上査定と呼ばれているのです。実際の不動産を見ることもなく、机上で済むからこそ査定額が出るのもとてもスピーディーです。

 

訪問査定(出張査定)

訪問査定というのは、「出張査定」とも呼ばれています。こちらも文字通り、実際に訪問しての査定、出張してもらっての査定という形になります。要は、実際に査定をお願いする不動産を見てもらってから査定額を算出してもらうのです。

 

実際に不動産を見てもらうことになりますので、査定額というのはより正確なものになってきます。不動産の査定に関しては査定額と実際に売却する際の額に差が出るといった話が多いのですが、訪問査定や出張査定であれば査定額と実際に売却する際の額にそこまで差が出ることはないでしょう。ただ、その分、査定額が算出されるまでにはそれなりの時間がかかることになります。

 

まとめ
不動産査定の方法というのは、大きくわけてふたつ挙げられます。机上査定と訪問査定なのですが、机上査定は「簡易査定」、訪問査定は「出張査定」と呼ばれることもあります。名前の通り、机上査定は入力された情報をもとに過去の情報などを参照しながら簡易的に査定額を算出することになります。訪問査定は実際に不動産を見てもらった上で査定額が算出されることになります。査定の仕方が異なるからこそ、査定額が出るスピードもその査定額の正確さといったものも異なってきます。それを理解した上で、不動産査定をお願いしましょう。